FXのサクソ系ってなに?

 

FXでサクソ系という言葉をよく耳にしませんか?これはFXの業者が為替の注文の発注をする銀行の基本システムの一種なのですが、正式にはデンマークにある銀行でSAXO銀行(サクソバンク)と呼ばれています。

 

このSAXO銀行で発注をしている業者をサクソ系FX業者といいます。

 

このサクソ系が一番の人気の理由としては「安定した約定力」といわれています。

 

そうですスリッページが少ないのです。

 

スリッページが少ないと、クリックした時の金額そのままで為替購入が可能なのでトレーダーは自分の思い通りにトレードできるので安心です。

 

他にはトルコのリラや、アイルランドのクローナなどマイナーな通貨などをトレードする場合は必然的にサクソ系になるとも言われているのです。

 

ですからこのマイナーな高金利の通貨でスワップ狙いをしている方はたくさんいます。

 

そしてスワップ狙いで、レバレッジをたくさんかけることが可能なので少額の資金で外貨投資が行なえると最近利用者が多くなっています。

 

FXをするにあたってサクソ系はサクソ銀行自体が信頼できる銀行なので人気なシステムとなっています。

 

安心と信頼そして安定、大手銀行というところへの発注なので手数料などはしっかりとかかってしまう仕組みにはなっています。

 

トレード通貨が少なければ追加手数料が発生もしてしまうのですが、それでも安心して、安定や信頼のある業者でFXはした方が良いので、サクソ系を利用してみるのも良いかもしれません。

 

FXについての関連サイト


fxデイトレードおすすめ業者はこちら

=サイトから引用=

〜株の場合は、ザラバ中(証券取引所のオープン時間中)に取引ができるのは実質的に主婦と専業とレーダーのみですが、為替の場合は取引に活気がでてくるのがロンドン市場オープンの夜6時以降ですから、昼間に働いているサラリーマンの方でも参加できます。 〜

平日の昼間に仕事を持っている方でも夜の6時以降なら取引ができるので参加することができますね。デイトレードなら一日で取引を終える方法なので大きな損がを出してしまうことも滅多にないそうです。